ドラム

ドラム初心者必見!練習ノートをつけて日々の練習効率をアップさせよう!

ドラム 練習ノート 初心者

こんな人向けの記事です

  • ドラム初心者で練習が身についているのか不安な人
  • ドラム初心者で効率よく練習をしたい人

2018年5月にドラムを始めたアスウツです☆彡

早いものでドラムを習い始めて2年目に突入してしまいました(#^.^#)

個人的にはまだまだ初心者で、思うように上達していないな~と悩む毎日を送っています。

 

あなたは、毎日ドラムの練習をしていて、

練習したことがちゃんと身についているかな?

もっと効率良く練習ってできないのかな?

と不安になったりしていませんか?

 

少し前の私も、あなたと全く同じように不安一杯でした。

漠然と練習をしているけど、このままでいいのかな?と確信が持てなかったんです。

 

そんなある日、『練習した内容を毎回メモするといい』とネットの情報で知ってから、練習ノートをつけるようになったんです。

毎日ドラムの練習をするたびに、やったことをノートに記録するというとっても簡単なことなんですけどね。

 

でも練習ノートをつけるようになってからは、
不思議と練習時の課題を明確にすることができたり、
できたことを振り返ることで少しずつ自信が持てるようになっていったんです。

 

『練習ノート』をつけるだけなのに、とっても不思議ですよね?

 

ネットで色々調べてみると、サッカーの本田圭佑選手や野球のイチローなどは日々の練習記録などをつける「スポーツノート」を書くことで目標達成につなげているそうです。

『練習ノート』は私たちドラマー版「スポーツノート」といったところでですね☆彡

 

今回は、ドラムの練習時の課題が明確になって効率よく練習できるようになる『練習ノート』の書き方や毎日の練習に生かす方法をわかりやすくお伝えしちゃいますヨ!!

あなただけの『練習ノート』を極めて、ドラムを上達させ楽しく叩けるようになっちゃってくださいね☆彡

『練習ノート』をつけて毎日の練習に生かす方法4つ

『練習ノート』をつける目的

  1. できるようになりたい課題・なりたい目標を明確にする(常に課題を意識する為)
  2. 不明点や知りたいことを放置しない(先生に質問できるようにしておく為)
  3. 練習方法の振り返りと改善(練習方法に磨きをかける為)
  4. 自分の成長を感じること(モチベーションアップの為)

できるようになりたい課題・なりたい目標を明確にする

自宅でドラムの練習をする為に大事なのが『常に課題を意識する』ということです。

以前、ドラムの教則本の出版記念イベントに参加した際、森谷先生から「練習がただの作業になってはいけない」と教えていただいたんですよね!

 

ドラム出版記念イベントの記事はこちら⇒ドラムを楽しく続けよう!教則本出版記念イベントに参加してみた!

 

『毎日1時間ドラムを叩く』ことを目標にしてはいけない、

例えば『〇〇という曲が叩けるようになりたい、その為には毎日1時間の練習が必要だから練習をやる』

『常に何のために練習をするのか考えながら練習しよう』

と森谷先生に教えて頂きました。

 

確かに、ただドラムを1時間叩いているだけってなんとなく時間がすぎてしまうんですよね。

森谷先生に教えていただいてからは、練習ノートに「〇〇をテンポ〇〇で叩けるようにする」とか「フィルイン2個を完璧にする」と具体的に書き出した上で練習するようになりました。

 

え?ただノートに目標を書くだけじゃん!
何が違うの????

って思いますよね。

 

いえいえ、
練習ノートに目標を書き出して目で見るってすごく大事なんですよ!!

 

以前の私は、練習ノートを書かずになんとなく頭の中で今日はこれをやろうと決めて漠然と練習していたんです。

だから、練習が終わる頃には何の為の練習なのかすっかり忘れてしまうということが多くて。

ひどい時は、練習そっちのけで途中から自分のやりたいことを勝手にやり始めてた・・・なんてことも(笑)

 

でも、『今日は〇〇をやる!』ときっちり決めてそれを達成する為に練習をするという明確な目的を持って取り組めています。

忘れたら練習ノートを見て「今日はこれをできるようにするんだ」と思い出して練習することができますし(笑)

 

お陰で練習の集中力が上がりましたね!!

とっても嬉しいです☆彡

 

不明点や知りたいことを放置しない

練習時に感じた疑問や不明点はその場でメモしておかないと、いざレッスンで先生に会った時に思い出すことができなくてそのままうやむやになってしまいます!!

 

わからないことは放置してもわかるようにはなりませんよね?

せっかくレッスンを受けているのに、それではもったいない!!

 

だから私は疑問点や先生に教えてもらいたいことを練習ノートにこまめにメモしてます。

フィルインの手の動かし方がわからない、シンバル系の音符の読み方がわからない、シンバルは土に埋めるといい音がでるようになるってホント?・・・etc

 

どんなささいなことや興味があることでもいいので、メモしまくります(笑)

 

メモさえしておけば、レッスン時に練習ノートを見て先生にすぐ質問することができるので本当に便利ですよ!!

それに、上達も早くなるので本当にオススメです(#^.^#)

 

練習方法の振り返りと改善

練習ノートにその日やった練習内容を記録しておけば、あとで振り返ることができます。

過去の練習内容を振り返ると、効率の悪いやり方をしていたな~とか、以前のほうが真面目に基礎練習をやっていたな~とか反省して次に生かすことができて便利ですね。

 

記録しておかないと、改善も何もできないので間違ったやり方を続けてしまうことになってしまいます!!

 

ひゃー!なんてもったいないっ(@_@)

 

私は社会人で仕事をしながら趣味でドラムをやっているので、少ない時間の中でちょっとでも上達したいのです・・・。

あなたも忙しい中でやりくりしてドラムの練習を頑張っているんですから、少しでも上達したいですよね?

 

練習ノートをつけて、過去の練習内容の振り返り。

是非やってみてください!!

 

練習ノートが貯まれば貯まるほど、あなたはどんどん上達しているハズですよ~☆彡

 

自分の成長を感じること

毎日練習ノートで記録していると、振り返った時に自分の成長を感じることができてモチベーションの維持につながります!!

 

ドラムを続けていると、

自分て以前よりも上手くなってるのかな~?
本当にこのまま続けていて上手に叩けるようになるのかな~?

 

と、ふっと不安になることがありませんか?

自分ではあまり実感がわかないと思いますが、あなたは少しずつ着実に上達しているんですよ!!

 

そんなあなたの成長を感じることができるのが『練習ノート』なんです。

過去の記録を見直すと、

  • 以前はつっかえて叩けなかったフィルインが叩けるようになっている。
  • 以前はスローテンポでしか叩けなかった曲がスピードアップしている。
  • 以前よりも手数の多い曲が叩けるようになった。

 

必ず何かしら成長しているハズなんです(#^.^#)

自分では「上達してる気がしない~・・・」って思っても。

 

でも、残念ながらきちんと記録しておかないと実感として「成長」を感じることができないんですよね人間て。

だから、自分の成長の足跡をきちんと記録したいというアナタにも『練習ノート』はオススメですよ!!

 

『練習ノート』に記入すること6つ

  1. 練習した日付
  2. 練習内容・やったこと
  3. 思ったこと・感じたこと
  4. 疑問点や不明点などレッスン時に先生に聞きたいこと
  5. 疑問点や不明点に対する先生の答え
  6. 改善点や新しく先生に教えてもらったこと

私はこの6点を必ず練習ノートに記入するようにしています。

これ以上増やすと細かくなってノートを書くのが嫌になってしまいそうなので(笑)

 

あくまで『レッスンで先生に教えてもらったことは必ず自分のものにできるようにする』という気持ちで書いています。

続けられないと意味がないので、自由にゆるい感じで書いていますよ☆彡

 

何度も同じ質問をしてレッスン時間を無駄にしたくないので、教えてもらったことは練習ノートに書く!ということを徹底して日々上達できるように工夫しています。

 

『練習ノート』の作り方・用意するもの

用意するもの

  1. B5の大学ノート(どこにでも売っているものが一番続けやすい)
  2. 3色ボールペン(色を使い分けると便利)

お気に入りのノートを用意するのもいいと思うんですが、私はどこにでも売っていて使い勝手が変わらない大学ノートを使っています!!

 

そして、黒のボールペンでもいいのですが、3色ボールペンがあるととっても便利です。

日々の練習の記録は黒字、疑問点や先生に質問したいことは赤字にするなど色を変えてノートを書くと、より分かりやすいノートになりますよ(#^.^#)

 

お好みで、ぜひあなたが続けやすい練習ノートを作ってみてくださいね。

 

⇓私が書いている練習ノートです⇓

 

実際に『練習ノート』をつけて感じたこと4つ

  1. 課題を明確にできるようになった
  2. 過去の練習内容を振り返って成長を感じられるようになった
  3. 過去の練習方法を思い出して今の練習に生かすことができるようになった
  4. 不明点や興味があることをレッスンの先生に忘れずに質問できるようになった

私が『練習ノート』を書くようになって一番感じた大きなメリットは、『何のために今練習しているのか?という課題を明確にできるようになった』ことですね。

 

ドラムを習い始めた頃の私は、

ただ1時間基礎練習をする、ただ1時間なんとなく曲の練習をするといった練習方法でした。

 

何のために、今、この練習をしているのか?
という強い目的意識がなかったんです。

いつも頭の中がすごく漠然としていました。

 

でも『練習ノート』に「今日は〇〇をテンポ〇〇でできるようにする」などと明確な目的や目標を書くようになってからは練習に対する集中力が大きくガラッと変わりました。

 

そして練習を続けていくうちに、

「今日はAメロが完璧に叩けるようになった」
「フィルインが2個覚えられた」

と、1回ごとの練習でできたことがハッキリするようになったんです。

 

課題を明確にすれば、練習でできたことがハッキリする。

これがわかっただけでも本当に大きな収穫だと実感しています!!

 

私は『練習ノート』にたどりつくまでに少し時間がかかってしまいましが、あなたには遠回りしてほしくないので是非今日から実践してみてくださいね☆彡

『練習ノート』を続けていけば3年後、5年後のあなたは今よりもずっとレベルアップして素敵なドラマーになっているハズですよ!!

 

『練習ノート』をどんどんレベルアップさせよう

今回私がご紹介した『練習ノート』は本当に簡単なことを記録するだけですが、どんどん自分の練習がはかどるようなオリジナルノートを作ってみてくださいね!!

練習ノートはサッカーの本田圭佑やイチローなどのスポーツ選手が書いていることですごく有名なので、好きなスポーツ選手の書き方を調べて真似するのもオススメです☆彡

 

サッカーの中村俊輔選手の『夢をかなえるサッカーノート』など参考にしてみのもいいと思います。

※音楽家の練習ノートが見つからなくてスミマセン・・・

 

 

ネットで検索していたら、島村楽器(長岡店)さんが『プリマミュージックトレーニングノート』というのを発売していました!!

遠方でもお取り寄せできるそうなので、是非参考にしてみてくださいね!!

 

まとめ

『練習ノート』をつける目的

  1. できるようになりたい課題・なりたい目標を明確にする(常に課題を意識する為)
  2. 不明点や知りたいことを放置しない(先生に質問できるようにしておく為)
  3. 練習方法の振り返りと改善(練習方法に磨きをかける為)
  4. 自分の成長を感じること(モチベーションアップの為)

いかがでしたか?

誰にでも簡単に始められる『練習ノート』!!

毎日記録をつけて振り返る作業を続けることで、効率よく練習ができるようになっちゃいますよ☆彡

 

ぜひ、オリジナルの『練習ノート』を作って楽しくドラムを上達させてくださいね!!

応援しています。