ペット

犬と猫どっちも好きなら一緒に飼おう!失敗しないコツとポイント!

犬 猫 一緒に飼う

この記事は、犬と猫を一緒に飼うときの注意点とポイントを簡単にわかりやすくまとめた記事です。
犬と猫を一緒に飼いたくて悩んでいる方は是非、読んで参考にしてみてくださいね!

 

「犬と猫どっちが好き?」なーんてやぼな質問する人がよくいますけど、アスウツは犬派でも猫派でもなく犬猫派でございますっ!!

アスウツと同じで、犬と猫どっちも好き!どっちかなんて選べない!という人、結構多いんじゃないでしょうか?

 

でも、いざ飼おうとすると、犬か猫どちらか一方を選ぶという人は多いですよね?

よく犬と猫は一緒に飼わないほうがいいとか、一緒に飼うとストレスがたまるなんて言われますけど、本当にそうなんでしょうか?

答えは「YES」でもあり「NO」でもあります。

何故かというと、飼主さんの心がけ次第でどちらにもころがるからなのです(#^.^#)

 

我が家には、犬が一匹、猫が一匹いますが、ケンカすることなくお互い仲良く平和に暮らしています。

結論を言ってしまうと、飼主さんの努力次第で、犬と猫は一緒に暮らせるのでご安心くださいね!

 

今回は、「犬と猫一緒に飼ってみたいけど大丈夫かな?本当にうまくいくかな?」とお悩みのアナタの為に

  • どんなことに気を付ければいいのか?
  • どうやったらストレスなく犬と猫が暮らせるのか?

 

ということについて、詳しくご説明したいと思います☆彡

 

我が家のケース ~先住犬がいてあとから猫を飼った~

我が家には7歳(2018年現在)になるポメラニアンのチャコがおり、いつも室内で自由に暮らしています。

チャコは優しい性格で咬みついたり攻撃的なところは全くありません。

でも家の庭を歩いている野良猫を見つけると必死でいつも吠えています(笑)

 

犬には興味がなく、お友達を作ってあげようとドッグランに連れて行ったこともありましたが、まったく他の犬に関心を持ちませんでした。

こんな感じの性格なので、猫を一緒に飼うことになっても大丈夫では???と勝手に判断して猫も一緒に飼うことにしました。

 

先住犬チャコに新入り猫リンを慣れさせる方法

 

突然一緒に飼い始めるというのは、犬と猫お互いにとってストレスになるので少しずつ慣れさせるために気をつかいました。

一番最初の初対面の時は、リンをケージに入れた状態でチャコに対面させ、怖がらないようにしてあげたんです。

アスウツが購入したケージはこちらの記事で紹介しています⇒猫の飼育が楽になる!あると便利な【厳選】猫用品3つ!

 

チャコとリンを初めてケージ越しに対面させたとき、案の定、チャコは警戒してずっと吠えていました。

リンはそれほど怖がっていませんでしたが、犬を見たのは初めてだったので慣れるまではケージに入れて何度か対面させてあげましたよ。

 

ケージ越しに少しずつ対面させる時間を増やしていき、慣れたところでケージから猫を出して犬に対面させます。

このように少しずつ慣らしてあげれば怖がりません。

今ではお互いすっかり慣れて、特に問題なく過ごせています。

 

ですが、リンが安心して過ごせるように、普段はリン専用の部屋を一つ用意しており、リンはそこで過ごしています。

チャコが普段過ごしている部屋は台所が一緒になったリビングです。

 

リンをリビングに入れてしまうと台所に行ってしまい、人間の食品を食べたり、食器をなめたりして衛生的によくありません。

なので、夕食が終わって、食器や食べ物をすべて片づけてからリンを連れてきて、チャコとリビングで皆で一緒に過ごすようにしています。

 

犬と猫を一緒に飼う時のポイント

 

アスウツの家ではリン専用の部屋を用意しましたが、部屋数がない場合は用意できなくても大丈夫です。

猫は高い場所にいるのが好きなので、先住犬に慣れないうちは自分から高い所に逃げてそこで過ごしますのでご安心を!

 

慣れてきたら、自分から先住犬に近寄っていくと思いますので、絶対に別々の部屋が必要というわけではありません。

でも、猫専用の部屋が用意できるのであれば、用意してあげたほうが過ごしやすいかと思います。

飼主さん自身も2匹を見て、ハラハラしたりなだめたりする必要もありませんので。

 

少しずつ様子を見ながらお互いの警戒心がなくなるまでゆっくり慣らしてあげるといいですよ!!

焦らずゆっくりいきましょう(#^.^#)

 

もしも相性が悪かったらどうするの?

犬と猫 一緒に飼う方法

とはいえ、猫と犬を一緒に飼ってみたけど相性が悪かったというケースもありますよね?

そんなときは、無理矢理仲良くさせようとせず、別々の部屋で飼ってあげてください。

 

犬と猫、それぞれがストレスなく過ごせることが一番大事です!!

犬と猫を一緒に飼う時は『相性が悪いこともある』ということを念頭において飼うことをオススメします。

 

アスウツの場合は、チャコが7歳、リンが生後6か月の時に一緒に飼い始めました。

チャコは7歳なのでもう落ち着いている年齢ですし、リンはまだ子猫なので好奇心旺盛です。

なので、チャコは最初だけ警戒したものの、その後は吠えたり威嚇することもなくすぐリンに慣れてくれました。

 

リンも好奇心旺盛で、すぐにチャコと遊びたがるようになりましたので、タイミングとしては良かったのかな?と思っています。

 

まとめ

  1. 対面させる時は少しずつ慣らす
  2. どうしても相性が悪い時は別々の部屋で飼う

いかがでしたか?

犬と猫どちらもいる生活は、それぞれの良さがわかってすごく楽しいです。

犬と猫どっちも飼いたい♪という方は、怖がらずに是非飼ってみてくださいね!!