気になること

親知らずを抜くのが怖い!できるだけ不安や恐怖を和らげるための対策とは?

親知らず 抜歯 アスウツさんが行く

こんな人向けの記事です

  • 親知らずを抜くことが人一倍不安で仕方がない人
  • 親知らずを抜くときの不安を和らげる方法が知りたい人
  • 生まれて初めて親知らずを抜くからどんな感じなのか知りたい人

 

2019年5月、人生で2本目の親知らずを抜いたばかりのアスウツです(#^.^#)

だいぶ顔の腫れは引いてきましたが、まだ歯茎に違和感が残っています。

 

アナタは親知らずを抜いたことがありますか????

一生のうち一度も抜かないというラッキーな人もいれば、4本全部抜いたというアンラッキーな人もいることと思います。

 

でも生きていれば、きっと多くの人が経験するであろう『親知らずの抜歯』。

「麻酔するんだから全然へっちゃらぴー」という人であればいいですが、心配性や怖がりの人にとっては恐怖以外の何ものでもありませんよね?

かくいうアスウツも人一倍怖がり&心配性で今回の親知らずを抜くとき、それはもう緊張しまくりでしたよ~!!

 

親知らずの抜歯をする瞬間まで

「抜きたくない~、怖い~、でも抜けば幸せな人生が待っている~、でもやっぱり怖い~」と頭の中でエンドレスでした(笑)

 

案の定、抜歯の最中に不安と恐怖で気分が悪くなり、吐いてしまいましたけどね~。アハハ・・・。

そんなアスウツでしたが、1時間30分かけて無事親知らずの抜歯を終えることができました!!

いや~、ホント地獄でしたね(苦笑)

 

「あ~、もうこんな思いはできれば二度と味わいたくない・・・。」としみじみ思いながら、ふと思ったんです。

 

もしかしたら、アスウツと同じように心配性で不安や恐怖心が人一倍強い人が『親知らずの抜歯』のことで怖くて悩んでいるのではないか・・・と。

そんな人がいるのだとしたら、アスウツが今回やってみた『少しでも不安と恐怖を和らげるための対策』が役に立つんじゃないか・・・と。

 

そこで今回は、アスウツが親知らずを抜く際にできるだけ不安や恐怖、緊張を和らげるためにとった対策をわかりやすくまとめてみましたよ☆彡

 

もしかしたら、こんな当たり前のこと?って思うかもしれません。

でもでも、ぜひ参考にして頂き少しでも前向きに親知らずの抜歯にいどむことができるよう頑張ってくださいね!!

 

真横を向いた親知らず

今回抜歯をすることになったのは左下顎の親知らずです。

この親知らずがやっかいで、みごとなまでに真横を向いて生えてしまっていたんですよね~。

レントゲンで見ると本当に真横に倒れて生えてるんですからスゴイです。

 

少し歯が見えていて、スキマに食べカスがしょっちゅうつまってしまうのが毎日の悩みの種でした。

 

医師からは真横に生えているので、複雑な抜歯になるから1時間くらいかかると言われました。

その為、街の歯科医院では対応できないとのことで、大きな総合病院の口腔外科を紹介してもらいました。

 

できるだけ早く抜いたほうがいいと思った理由

  • 横向きに生えていたのでスキマに食べカスがたまってしまい歯磨きが大変だった
  • いつかは抜かないといけないのでできるだけ若いうちに抜いてしまいたかった
  • 横向きの親知らずが隣の歯を圧迫していると言われた

 

いつまでも残しておいてもスキマに食べカスがたまって虫歯になるのも時間の問題でした。

食後はいつも爪ようじでぐりぐりと掃除しないといけない手間も嫌でしたし・・・。

 

抜かずにずるずると放置するよりも、若いうちに早く抜いてしまえ!と思い、今回抜く決断に至りました。

歳をとってから歯を抜くのはすごく負担ですもんね!!

 

約17年ぶりの親知らず抜歯

アスウツが生まれて初めて親知らずを抜いたのは、20歳くらいの時。

あれから17年以上時がたってしまったのですから、歯を抜くという感覚なんて忘れてしまいましたね・・・。

なんとなく、抜いた後、歯茎が痛かったような記憶しか残ってない。

 

だから、余計に今回の抜歯が恐ろしくて仕方ありませんでした。

ネットで『親知らずの抜歯』について書かれた記事を読みあさり、1人震えあがっていました・・・。

 

なので、ネットで情報を集めすぎるのはオススメいたしません(笑)

 

抜歯の不安と恐怖を和らげるための対策

  • 事前に抜歯にどれくらい時間がかかるのか聞いておく(どれくらいの時間我慢すればいいか把握する為)
  • 事前に心配性で不安が強いことを医師に伝えておく(周りに知らせることで何かあっても大丈夫なようにする為)
  • 不安であれば抜歯に使う器具を手術前にきちんと見て納得しておく(自分に納得させる為)
  • 手に握れるものを用意しておく(手に何か握っていたほうが落ち着く為)
  • 抜歯時の音が嫌であれば耳栓やヘッドホンをしていいか聞く(音を遮断して不安を減らす為)
  • 飲み物を用意しておく(気分が悪くなったときに飲めるようにする為)
  • 吐いてもいいようにビニール袋を用意しておく(袋があるだけで安心できる為)

 

アスウツは手に何か握っていないと不安だったので、大好きな大谷翔平くんのタオルを持参!!

これがあるだけで全然違いましたね。

 

ぬいぐるみのような大きくてフカフカしたものがいい人はそれでもいいと思います!!

とにかく自分がリラックスできると思うものをガンガン持参しましょう。

人目なんて気にしているヒマはありません。

 

このタオルに救われました

 

 

いざ抜歯!途中で限界MAXで気分が悪くなって吐いた

抜歯当日、総合病院の受付をすませて席で待っているとすぐにアスウツの名前が呼ばれました。

不安と恐怖におののくアスウツをしり目に、先生は「30分くらいで抜いちゃいますからね~」と慣れた様子・・・。

 

ドキドキしながらイスが横に倒され、とうとう抜歯が始まりました。

手には大好きな大谷翔平くんのタオルを握りしめていざ!

 

最初は親知らずを2つに割る作業から始まったのですが、これがまた嫌な音でしたね(笑)

きゅいーんきゅいーんという歯を削る音がなんとも言えない・・・。

 

その後、2つに割られた親知らずの片方を抜く作業となります。

これがまた恐ろしいのなんの・・・。

先生が‟これでもか”っていうくらい力を入れてぐいぐいと引っ張るんですよね。

 

やめてくれ~助けてくれ~!!と心の中で叫んでいると・・・・

みしっっという歯の折れる大きな音が( ゚Д゚)!

その音を聞いたとたんに私の恐怖の限界もMAXに!!!

 

「すいません、先生!気持ち悪い」

おえええええええええええええええええええ・・・・・・。

見事に昼食で食べたパスタがでてきてしまいました(涙)

 

その後、吐き気がおさまるまで抜歯は中断。

イスを倒してもらい、しばらくの間、横になって休ませてもらいました。

15分くらいたって気分も落ち着いたので、抜歯を再開したのですがやっぱり気分が悪くなってしまい、再び抜歯を中断。

 

先生もちょっとあきれモードで「今度こそ大丈夫?」なんて言われてしまう始末・・・。

「こっちだって好きで吐いたんじゃねーやー!!」と叫びたくなるのを抑えつつ、ふたたび目を閉じて休憩・・・。

なかなか気分がよくならないので一度お手洗いに行って用を足して気分転換することにしました。

 

作戦が功をそうしたのか、お手洗いから戻ると少し気分がスッキリしたので抜歯を再開してもらうことに。

そこからはなんとか順調にいき、無事親知らずの抜歯を終えることができました!!

 

青白い顔で抜歯を終えて会計をすませ、時計を見たらあっという間に1時間30分たっていました・・・。

その時「長い戦いが終わった・・・」となんとも言えない気持ちになったのは言うまでもありません(笑)

 

そして、恐るべし『親知らずの抜歯』。

あなどれん、と思ったのでした。

 

抜歯後の感想

  • 麻酔はそれほど痛くなかった
  • 抜歯中の音で恐怖心がMAXになった(みしっという歯を割る音、きゅいーんという機械の音)
  • 歯を抜く際にぐいぐいと力を入れられたとき痛かった
  • 抜歯後は痛いが涙がでるほどの痛みではなかった
  • 抜歯の翌日からでも仕事ができる程度の痛みだった

 

いざ抜歯を終えてみると想像していたような痛みではありませんでした。

痛みよりも、ぐいぐいと力を入れて歯を抜く時や、歯を割るときのみしっという音がすんごくストレスに感じましたね・・・。

耳栓をしていたらもう少しマシだったかもしれません。

 

抜歯後の食事について

親知らず 抜歯 食事

 

抜歯後は口が開きにくく、もぐもぐと咀嚼することができにくくなります。

なので、事前に口を開けなくても食べやすい食べ物を準しておくことをオススメします!!

  • おかゆ
  • ゼリーやプリン
  • ヨーグルト
  • ミックスジュース
  • 茶碗蒸しや卵豆腐

 

などなどお好みでチョイスしてくださいね。

柔らかいものであればストローで吸って食べることができるのでストローもあると助かりますよ☆彡

 

親知らずを抜くのが不安でしょうがない人へ

親知らずの抜歯は歳をとっても怖いものです。

いい歳して恥ずかしいなんて思うことありませんよ!!

 

事前に抜歯をしてくれる医師に対して『自分は不安が強くて抜歯が怖い』ということはきちんと伝えておきましょう。

伝えておくのとおかないのでは全く違ってきます。

 

抜いてしまえばスッキリした人生が送れるのですから、少しでも前向きに乗り越えられるように頑張ってくださいね!!

 

まとめ

不安を和らげるための準備

  • 事前に抜歯にどれくらい時間がかかるのか聞いておく(どれくらいの時間我慢すればいいか把握する為)
  • 事前に心配性で不安が強いことを医師に伝えておく(周りに知らせることで何かあっても大丈夫なようにする為)
  • 不安であれば使う器具をきちんと見て納得しておく(自分に納得させる為)
  • 手に握れるものを用意しておく(手に何か握っていたほうが落ち着く為)
  • 抜歯時の音が嫌であれば耳栓やヘッドホンをしていいか聞く(音を遮断して不安を減らす為)
  • 飲み物を用意しておく(気分が悪くなったときに飲めるようにする為)
  • 吐いてもいいようにビニール袋を用意しておく(袋があるだけで安心できる為)

 

いかがでしたか?

抜歯が怖いのは恥ずかしいことでもなんでもありません!!

できる対策はしっかりととって、ぜひ前向きに親知らずの抜歯を乗り切ってくださいね☆彡

応援しています(*^-^*)